安いおすすめの豊胸手術方法

豊胸は自由診療となっているためクリニックによって、価格設定は大きく違ってきます。もちろん安い価格設定になっていれば気軽に施術できますが、安いと胸に入れる薬剤などの品質が悪いケースもあります。トラブルを避けるためにも、適正価格などを知った上で安いだけではなくおすすめの豊胸手術方法を選んでいくことが重要です。

リーズナブルなヒアルロン酸・アクアフィリング

豊胸手術の中でも最も手軽でリーズナブルなのが、ヒアルロン酸やアクアフィリングなどの薬剤を注入してバストアップさせる方法です。注入することによって1カップ程度バストアップさせることができ、自然かつ手軽にバストアップできるとしておすすめの方法となっています。

施術も注射でできるため傷跡も残らず、ダウンタイムもなく短時間で施術が終わります。一般的に1cc3000円〜4000円の相場価格で行われていることが多いです。1カップアップするだけでも最低30万円〜40万円もかかってしまいます。

クリニックによっては麻酔代や血液検査代も含まれるため、60万円を超えてしまうケースもあるでしょう。

また、ヒアルロン酸もアクアフィリングも持続期間は変わってきますが、定期的に施術をする必要があるというランニングコストも考慮した上で施術することが重要です。

一見安く見える方法ではありますが、定期的に注入する分の料金も考えて選ぶことが重要です。中には、他のクリニックよりもかなり安く行っているところもありますが、あまり安い料金で行っているクリニックの場合認可されていないヒアルロン酸を使っているということも考えられますので注意してください。

関連記事:手術から注射まである豊胸の方法と費用とは

大きくバストアップできるシリコンバッグ

確実にバストアップしたいのであれば、シリコンバッグ豊胸が向いています。安い施術ではありませんが、希望に応じてサイズアップしてくれるため2カップ以上胸を大きくしたい、長期的に持続性のある施術を選びたいという人におすすめです。

シリコンバッグは文字通り、シリコンバッグを胸に入れて大きくする方法です。最近では他の方法を選ぶ人が増えてきていますが、それでも根強い人気がある方法となっています。人気の理由は、シリコンバッグの種類が豊富なことが挙げられます。

最新のシリコンバッグは従来のものよりも軽く破損しても中身が漏れにくくなっていたり、サイズバリエーションが豊富、耐久性があって体の動きに合わせて形が変わるなどの特徴があります。価格はバストアップさせる大きさによっては、他の施術方法よりもリーズナブルになるケースも多いです。

比較的高くなるイメージがありますが、手術の費用の相場は70万円ほどとなっています。あくまで相場であり、バッグの種類によって値段が変わってきます。体の動きに合わせて形状が変化するものなどは高くなる傾向があります。

また、いずれシリコンバッグは劣化してしまうため抜去手術を受ける必要が出てきます。その点も考慮して選ぶことが重要です。

自然な仕上がりになる脂肪注入

薬剤を体内に入れたり、メスで切開してバッグを入れるのに抵抗があるという人には、自分の太腿やお尻などから脂肪を採って、その脂肪から抽出した脂肪細胞をバストに注入する脂肪注入豊胸が良いとされています。極端なバストアップすることは難しいですが、自分の脂肪をとるため部分痩せをすることができ、脂肪を使っているため柔らかく自然な仕上がりになるのが特徴です。

一言で脂肪注入と言っても様々な種類があります。脂肪の加工法によって定着率などが変わってきますが、効果や価格などを比較して選んでいきます。脂肪注入法の場合、価格は脂肪の純度や定着率、脂肪の吸引量、使った脂肪吸引機器の種類、脂肪を取った部位、脂肪の加工方法などによって違ってきます。

脂肪注入の施術方法によって料金相場は大きく変わり50万円〜120万円と幅広い価格となっています。安い方法で行いたいという人もいますが、施術方法によって仕上がりや体への負担、後遺症のリスクなども変わってくるため注意が必要です。

関連記事:エステサロンで器具を使った豊胸にチャレンジしよう

ランニングコストを考えた選び方

1回の施術が安いとそれを選びがちですが、ランニングコストなどを考えたときには選び方が変わってきます。単純に1回の施術料金だけを見ればヒアルロン酸・アクアフィリングがおすすめです。ただし、持続性があまりないためバストをキープしようとするとあまりお得とは言えない方法となっています。

また、シリコンバッグは10年程度で取り出す必要があるとされています。バッグを取り出して交換するのにも手術が必要で、その手術を行えば100万円程度のお金がかかります。大きくバストアップしたい場合には効果的ですが、安いとは言えない方法です。

脂肪注入は脂肪細胞が定着してしまえば、その大きさをキープすることができます。定着する間にサイズダウンしてしまう可能性はありますが、一度定着してしまえばその大きさのままになります。1回の施術の価格は比較的高くはありますが、長期的なランニングコストを考えた場合には安い方法と言えます。

安い豊胸手術には注意

日本では、国内が未認可でも医師が個人輸入して海外製のヒアルロン酸などを利用するということができます。使用する医師が責任を持って安全性などを確認して使うことが前提になっていますが、合併症や後遺症を引き起こす可能性は十分にあります。

安い豊胸手術を宣伝しているクリニックの場合、そんな海外製の薬剤などを使っていることもあるため注意が必要です。値段表記を曖昧にしているところや、料金に含まれているサービスが分かりにくくなっているクリニックもあります。

悪意のある集客をしているところは、信頼できないため避けた方が無難です。安いからといってそれがベストな選択ではなく、しっかり豊胸手術前に患者の希望や体型、ライフスタイルや体質にあった豊胸手術を提案してくれるようなクリニックを選ぶことが重要となります。

また、定期検診などのアフターケアをきちんと行ってくれるクリニックであるか、信頼できる技術力のある医師かなどをチェックしてから施術を受けることがおすすめです。

関連記事:豊胸にもアフターケアは必要なので豊胸法に応じた適切なケアをしよう

総合的に考えて豊胸手術を選ぶ

どんな豊胸手術でもある程度まとまったお金が必要です。理想のバストアップをするためには、いろいろな豊胸方法がありますが、それぞれ料金もメリット・デメリットも違います。価格が安いからと言って良いクリニックとは限らないため、自分の求めている効果やランニングコストなどをきちんと説明してくれるようなクリニックを選ぶことが重要です。